2018年4月17日(火)

倉田弘さん死去 初代つくば市長 87歳

倉田弘初代つくば市長
倉田弘初代つくば市長

初代つくば市長を務めた倉田弘(くらた・ひろし=倉田尚司倉田内科クリニック院長の父)さんが15日午後5時7分、同市要の筑波記念病院で死去した。87歳。自宅は同市栗原。通夜は18日午後6時から、葬儀は19日午前10時半から、いずれも同市玉取のつくばメモリアルホールで。喪主は長男尚司(しょうじ)さん。

倉田さんは、1983年12月から87年11月まで旧桜村長を務め、筑波研究学園都市が立地する桜、谷田部、豊里、大穂の旧4町村の合併協議をけん引し、87年11月のつくば市誕生に貢献した。

88年1月の市長選で当選し、新市のかじ取り役を1期4年間務めた。

全国・世界のニュース

2018 年
 4 月 24 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス