2018年5月14日(月)

関東高校大会県予選 バスケット女子 明秀、一丸でV

【AD】

関東高校大会県予選は13日、各地で8競技が行われ、バスケットボールの女子は明秀日立が3年ぶり38度目の優勝を飾った。男子は関東新人大会の覇者・土浦日大が7年連続43度目の頂点に立った。バレーボールは男女とも土浦日大が優勝。男子は15年ぶり9度目、女子は2年ぶり16度目。ハンドボールは男子が藤代紫水、女子は水海道二が頂点に立ち、ラグビーは茗渓学園が11連覇した。空手の団体では男子形で東洋大牛久、同組手は水戸商、女子形は水戸女、同組手は東洋大牛久が制した。ソフトボール男子決勝は下妻二がコールド勝ち。レスリングフリースタイルは鹿島学園勢が5階級を制した。ボクシングは8階級で優勝者が決まった。

全国・世界のニュース

2018 年
 8 月 21 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス