2018年5月14日(月)

関東大学女子バスケット 筑波大が優勝

最優秀選手に高辻

【AD】

バスケットボールの関東大学女子選手権決勝リーグ最終日は13日、東京都の日本女体大体育館で2試合が行われ、本県の筑波大は早大を65-48で下した。この結果、筑波大、早大、白鴎大の3チームが2勝1敗で並んだが、当該チーム間の得失点率によって、筑波大が11年ぶり13度目の優勝に輝いた。

個人賞は筑波大からは高辻真子(4年)が最優秀選手賞に選ばれたほか、佐藤由璃果(2年)が計110得点で得点王とベスト8賞に輝き、佐藤由佳(1年)は新人賞に選ばれた。

(県勢記録)
筑波大 65-48 早大
13-11
17-12
19-10
16-15

▽最終順位
(1)筑波大2勝1敗(2)早大2勝1敗(3)白鴎大2勝1敗(4)山梨学院大3敗
(1〜3位は当該チーム間の得失点率による)

全国・世界のニュース

2018 年
 5 月 23 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス