2018年5月17日(木)

東海第2・審査打ち切り示唆 規制委員長が発言撤回

【AD】

原子力規制委員会の更田豊志委員長は16日の記者会見で、11月に40年の運転期限となる日本原子力発電東海第2原発(東海村)について、工事計画の審査打ち切りの可能性を示唆した自身の発言を撤回した。審査を継続するかの判断時期を「6月上旬がポイント」と述べていたが、規制委の審査チームから異論が出たといい、「6月上旬というのは見通しが甘かった」と話した。

また、東海第2を再稼働と運転延長の審査に合格させる条件としている安全対策費の資金繰りに関し、更田氏は資金支援を表明した東京電力の小早川智明社長に説明を求める考えも明らかにした。30日に小早川氏への聞き取りを予定しており「支援の前提条件を明確に聞きたい」と述べた。

全国・世界のニュース

2018 年
 10 月 19 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス