2018年5月17日(木)

車椅子でバス「大変」 茨城大生乗降体験

車椅子でバスの乗降体験をする学生たち=水戸市文京
車椅子でバスの乗降体験をする学生たち=水戸市文京

公共交通を利用したバリアフリー教室が16日、水戸市文京2丁目の茨城大で開かれ、学生たちが車椅子を使ったバスの乗降体験や高齢者疑似体験などに取り組んだ。

さまざまな立場の人の不自由さを理解し、社会参加に積極的に協力する「心のバリアフリー」の推進が狙い。国土交通省関東運輸局茨城運輸支局が県バス協会などと協力し、同大非常勤講師の有賀絵理さんの授業で毎年実施している。

学生たちは車椅子で介助する側とされる側に分かれ、ノンステップバスとワンステップバスの乗り降りに挑戦したほか、手足の重りや特種眼鏡などを身に着け、高齢者や障害者が抱える不自由さを体験した。

いずれも教育学部1年の安楽(あんらく)琳音(りおん)さん(18)は「普段乗っているバスでもちょっとした段差などが障害者や高齢者にとってはすごい怖いものだと実感した」、山口真由さん(18)は「サポートが必要な方を見掛けたときは率先して声を掛けていきたい」とそれぞれ感想を述べた。

有賀さんは「心のバリアフリーの精神で、自ら進んで手を貸してあげられる人になってほしい」と期待した。 (朝倉洋)

全国・世界のニュース

2018 年
 10 月 19 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス