2018年6月28日(木)

強制不妊 新たに2人分 県、個人特定資料を発見

【AD】

旧優生保護法(1948〜96年)に基づき障害者らへの不妊手術が繰り返された問題で、県は27日、新たに個人が特定できる2人分の資料を見つけたと発表した。個人を特定できる資料は計25人分となった。

県少子化対策課によると、資料は県民センターに保…


  • 記事全文(466文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

最近の記事

全国・世界のニュース

2019 年
 7 月 20 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス