2018年7月2日(月)

いばキラTV、動画配信の仮想キャラ「私の名前、募集中!」

「バーチャルYouTuber」として名前を公募している県の新キャラクター
「バーチャルYouTuber」として名前を公募している県の新キャラクター

県のインターネット動画サイト「いばキラTV」は、主に若者を対象にした「バーチャルYouTuber(ユーチューバー)」として、自治体公認としては初となる女性キャラクターを誕生させた。県は11日まで、このキャラの名前をツイッターで募集している。

キャラは高卒後に県職員となり、2カ所目の配属先として「バーチャル広報課」に所属しアナウンサーを務める20歳前後の女性。茨城生まれの茨城育ち、感情的になると周囲が見えなくなり茨城なまりが強く出る、という設定だ。髪にアンコウを模したアクセサリー、ジャケットはネモフィラブルー、スカートは干し芋イエローと、本県を象徴する特産物や観光地の色や形を身に着けている。

県プロモーション戦略チームによると、キャラクターデザインは本県出身のイラストレーター、ハルタスクさん。声優は「今のところ非公表」(同チーム)としている。

名称応募はツイッターで「#いばキラVtuberに名前をつけて」を付けてツイートする。採用された場合は旅行券1万円分を贈呈する。詳細はいばキラTVサイトに掲載。

本人が登場する実写動画を配信する「ユーチューバー」だけでなく、アニメキャラを用いたバーチャルユーチューバー(Vチューバー)が昨年末ごろから人気となっているのを受け、県はVチューバー動画の制作に乗り出すことにした。Vチューバーの登場する動画としては、政府観光局の「キズナアイ」がチャンネル登録数200万人に迫る勢いを見せている。(黒崎哲夫)

全国・世界のニュース

2018 年
 7 月 23 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス