2018年7月21日(土)

常総 併殺逃し、右打線凡打連発

【AD】

苦しめられたのか、それとも苦しんだのか。この日の常総学院は後者だろう。らしからぬプレーが続き、自ら苦しい試合を選択してしまった。

常総学院の先発は今大会初登板のエース谷田部健太(3年)。初回から調子が上がらない。内野の失策もあり、…



  • 記事全文(583文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

第100回全国高校野球選手権茨城大会 <4回戦>
2018/07/20 ノーブルホーム水戸(水戸市民)
第1試合 開始時間(10:00) 終了
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
下館工 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2
常総学院 1 2 0 0 0 0 0 0 X 3
【下館工】口町、金子、大和田、塚原-野口
【常総学院】谷田部、塙-菊地壮

▽本塁打 菊田、手塚
▽二塁打 永田、池羽
▽ボーク 塙
▽試合時間 2時間5分
▽審判 塚田敦、辻、菊池博、坪井

全国・世界のニュース

2019 年
 5 月 23 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス