2018年7月27日(金)

祇園まつり、みこし勇壮 筑西

下館祇園まつりの開幕で、羽黒神社の境内から繰り出す明治みこし=筑西市甲
下館祇園まつりの開幕で、羽黒神社の境内から繰り出す明治みこし=筑西市甲

勇壮なみこしの競演で知られる「下館祇園まつり」が26日、筑西市甲の羽黒神社やJR下館駅北口前の稲荷町通りを会場に開幕した。大みこしが「オイッサー、オイッサー」という威勢の良い掛け声とともに練り歩き、集まった多くの観光客を魅了した。29日まで。

初日は、日清戦争の戦勝記念で作られた明治みこし(約1トン)と、実際に担がれるみこしとして国内最大級の平成みこし(約2トン)、女性だけで担ぐ女子みこしの計3基が繰り出した。

大みこしの担ぎ手として参加した須藤茂市長は「肩にずしりとくるが、気持ち良い。地域を活性化させ、にぎわいをつくるために重要なイベント。思い出に残るお祭りにしたい」と思い入れを話した。

27、28の両日は子どもみこし約30基が参加。28日の「わっしょいカーニバル」は、子どもみこしに加えて市内外の大人のみこし10基、山車3台が練り歩く。まつりを締めくくる29日の川渡御は、午前6時から羽黒神社-勤行川大橋下流で行われる予定。 (冨岡良一)



次の記事:常総・廃材火災 保管、基準超える高さ

最近の記事

全国・世界のニュース

2019 年
 5 月 26 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス