2019年7月12日(金)

【戦評】古河一 ― 水戸商

水戸商 初回に主導権

【AD】

【評】Aシード水戸商が地力を示した。初回、大友の中越え2点三塁打などで4得点し主導権を握った。七回は5連続四死球などで労せず3点をもらい、コールド勝ちが決まった。投手陣は小林が4回1失点、坂本が3回無失点の好投。

古河一は2番手投手の小…


  • 記事全文282文字(あと52文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

第101回全国高校野球選手権茨城大会 <2回戦>
2019/07/11 ノーブルホーム水戸(水戸市民)
第2試合 開始時間(11:30) 終了
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
古河一 0 0 1 0 0 0 0 1
水戸商 4 1 0 0 0 0 3x 8
7回コールド
【古河一】落合、小林‐金井
【水戸商】小林、坂本‐中山

▽三塁打 大友
▽二塁打 山野
▽暴投 小林(古)
▽捕逸 金井2
▽試合時間 1時間56分
▽審判 小川、竹内達、坪井、藤田満

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 14 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス