2019年7月13日(土)

【戦評】東海 ― 中央

中央コールド

【AD】

【評】中央が攻守で力の差を見せつけ、東海に七回コールド勝ちした。

中央は三回、暴投、押し出し四球と相手投手の乱調に乗じて2点先制。四回には1死満塁から5番永井の右前適時打、6番佐藤匠の中犠飛で加点した。五回には3番久保田の2点本塁打…


  • 記事全文240文字(あと10文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

第101回全国高校野球選手権茨城大会 <2回戦>
2019/07/13 笠間市民球場
第1試合 開始時間(9:00) 終了
チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
東海 0 0 0 0 0 0 0 0
中央 0 0 2 2 3 1 x 8
7回コールド
【東海】鈴木、川崎-大内
【中央】佐藤匠、東山-松井

▽本塁打 久保田
▽暴投 鈴木4、川崎
▽試合時間 1時間40分
▽審判 渡辺達、久保田、渡辺健、中村

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 18 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス