線路に立ち入る 列車にはねられ男性死亡 茨城・牛久 JR常磐線乱れる

写真はイメージ
写真はイメージ
13日午後2時49分ごろ、茨城県牛久市城中町のJR常磐線牛久-龍ケ崎市駅間で、線路内に立ち入った男性が、上り普通列車にはねられ死亡した。乗客約500人にけがはなかった。県警牛久署で事故の詳しい状況や死亡した人の身元などを調べている。

同署によると、男性は上下黒色の服に白色マスク、アディダス社製サイズ28センチの黒色スニーカーを着用していた。

JR水戸支社によると、同線は取手-土浦駅間の上下線で運転を見合わせ、同4時15分に運転を全面再開した。影響で特急を含む上下13本が運休し、上下13本に最大1時間15分の遅れが出た。乗客約8300人に影響が出た。

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース