2018年04月17日(火) 06時46分
共同通信社

ロシアの記者死亡で臆測

OSCEが捜査呼び掛け

 ロシア中部エカテリンブルクで死亡したマクシム・ボロディン記者(インターネット通信社「NDNEWS」提供・共同)
 ロシア中部エカテリンブルクで死亡したマクシム・ボロディン記者(インターネット通信社「NDNEWS」提供・共同)

【モスクワ共同】ロシア中部エカテリンブルクで地元男性記者のマクシム・ボロディンさん(32)が自宅アパートの5階から転落死したことが臆測を呼んでいる。ロシアで禁止されている民間軍事企業がシリアにロシア人義勇兵を派遣しているとする告発記事を書くなど政権に批判的な論調で知られていた。
ロシアでは政権に批判的な記者が殺害される事件が相次いでおり、欧州安保協力機構(OSCE)は16日、ロシアに綿密に捜査するよう呼び掛けた。
ロシアメディアによると、ボロディンさんは12日に意識不明の状態で見つかり、15日に病院で死亡。
(共同)

全国・世界のニュース

2018 年
 4 月 20 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス