2018年6月27日(水)

地元産メロンのスイーツフェア 阿見、7月16日まで

「だんごのやまだ」で販売されている「メロンの雫」と店主の山田毅さん=阿見町うずら野
「だんごのやまだ」で販売されている「メロンの雫」と店主の山田毅さん=阿見町うずら野

阿見町の特産品「阿見グリーンメロン」を使ったスイーツフェアが同町内で開かれている。15度以上の糖度と、飽きのこない爽やかな甘さが特長の同メロンを使った特製のお菓子やパンが用意されている。主催する町商工会は「町内だけでなく町外の人にも食べに来てほしい」と参加を呼び掛けている。7月16日まで。

同フェアには、町内の8店舗が参加。メロンパンやケーキなどの定番の品から、メロンを豚肉で包んで揚げたロールフライ入りの弁当といった一風変わった品まで、メロンを生かした11品の料理を楽しめる。

今回で3回目の参加となる「だんごのやまだ」(同町うずら野)では、カップの和スイーツ「メロンの雫(しずく)」を販売。粒あんのかかった団子の上に、メロンの果肉と生クリームが乗せられている。1カップ350円。店主の山田毅さん(58)は「メロンと粒あんの意外な組み合わせがおいしいと評判。ぜひ味わってほしい」と話していた。

問い合わせは町商工会(電)029(887)0552

全国・世界のニュース

2019 年
 4 月 23 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス