台風19号襲来1カ月 不安抱えて

台風19号が襲来して那珂川や久慈川などが氾濫、県北地域や水戸市周辺が被災してから、13日で1カ月が過ぎた。濁流が押し寄せた流域市町の住民は、後片付けに追われながらも、生活再建への道を探り続ける。不安を抱えても懸命に進もうとする農家や自営業者、住民の今に迫った。

2020 年
 2 月 29 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス