◆2018年5月◆

雰囲気伝える構成力

今月は春の風景や祭りなど、194点が寄せられました。花などをストレートに撮った写真が多い中で、背景や光を工夫して主題を際立たせた作品が上位に選ばれました。

最優秀賞は根芝一夫さんの「山里の春」です。獅子舞(ししまい)の門付けを見事なシャッターチャンスで切り取りました。背景となっている囃子方(はやしかた)と見物人の表情が、獅子舞の動感を引き立てています。優れた画面構成力により、うららかな春祭りの雰囲気を伝えています。

優秀賞は佐藤光正さんの「天空のアート」と熊田政男さんの「仲良し姉弟」です。「天空のアート」は日常風景の中に突如現れた二重の虹を、ドラマチックな光とともに捉えました。露出をマイナス補正して虹の輪郭を強調した冷静さも勝因です。報道写真としても十分見応えがあります。

「仲良し姉弟」は、菜の花畑に響く姉弟の会話が聞こえてきそうです。やや高い位置からカメラを構え、背景を菜の花の黄色と緑色に単純化して整理することで2人の表情を際立たせました。

見慣れた日常をきらりと光らせる作品を、今後も期待しています。(写真映像部)



「山里の春」 根芝一夫(古河市)
ニコンD800 24〜120ミリ f8 1/800秒 ISO400=富山県




「天空のアート」 佐藤光正(那珂市)
ニコンD800 16ミリ 1/160秒(マイナス0.7補正)=那珂市


「仲良し姉弟」 熊田政男(北茨城市)
ニコンD7000 24〜120ミリ プログラムオート ISO800=日立市




「黎明(れいめい)」 山中啓一(阿見町)


「春の水槽」 丸森勝造(土浦市)


「新緑に映えて」 盛田守(城里町)


「風土記の春」 鈴木清貴(北茨城市)


「夏日模様」 掛札真人(水戸市)


「求愛」 若泉治男(行方市)


「湯立て神楽舞人」 小形佳昭(水戸市)


「深海の楽園」 鈴木一郎(鹿嶋市)


「舞う」 仲根正道(城里町)


「春爛らん漫まん」 鈴木治雄(常陸大宮市)

2018 年
 12 月 17 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス