◆2018年9月◆

絶好の場面、捉える技光る

今月は去りゆく夏を感じさせる風景や祭りのスナップなど132点の力作がそろいました。入選作品は被写体が魅力的に見える瞬間を的確に切り取る技術が目を引きました。

最優秀賞は田上勤さんの「どうなっているの?」です。女の子がちょうちんの中を興味津々でのぞき込む瞬間を絶妙なタイミングで捉えました。男性との表情の対比も作品をいっそう魅力的なものにしています。手前にもちょうちんを大きく写し込んで主題を強調した構図感覚も秀逸です。

優秀賞は溝口一郎さんの「地空の輝き」と熊田政男さんの「ベスト・フレンド」です。「地空の輝き」は国営ひたち海浜公園のコキアライトアップに一工夫加えた作品。光を透過して輝く雲を画面に取り入れ、幻想的にまとめました。その場の条件を作品に生かす技術が光りました。

「ベスト・フレンド」は男の子2人の仲の良さをストレートに表現しました。無駄なものが一切写り込んでいない潔い画面構成が、表情を引き立てています。

このほか、島田良治さんの「ふるさと」、平沢徳孝さんの「昇陽に輝くそば」も上位3作品と接戦を演じました。 (写真映像部)



「どうなっているの?」 田上勤(城里町)
キヤノン 24〜105ミリ f4 1/160秒 ISO320=福島県




「地空の輝き」 溝口一郎(行方市)
キヤノン 24〜105ミリ f11 1.6秒 ISO2500=ひたちなか市


「ベスト・フレンド」 熊田政男(北茨城市)
ニコンD7000 18〜200ミリ プログラムオート ISO800=日立市




「水上の競演」 大和田健(筑西市)


「共演」 藤井美代志(かすみがうら市)


「遊ぶシルエット」 鈴木治雄(常陸大宮市)


「昇陽に輝くそば」 平沢徳孝(常陸太田市)


「ふるさと」 島田良治(日立市)


「波頭を越えて」 望月森雄(常陸大宮市)


「真夏のみたま踊り」 桜井孝(常総市)


「戦勝の火祭り」 川村昇司(水戸市)


「伝統の村歌舞伎」 綿引勝春(大子町)


「負けないヨ」 鈴木一郎(鹿嶋市)

2018 年
 12 月 17 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス