◆2019年5月◆

表情魅力的、鋭い観察眼

今月は春祭りや農作業風景、スナップなど190点が寄せられました。上位3点には、桜をモチーフに独自の視点を加えた作品が選ばれました。

最優秀賞は佐々木敏勝さんの「おともだち」です。公園か保育園などの園庭なのでしょうか。桜を背景に、すべり台へ等間隔で上っていく子どもたちが画面にリズムを与え、同時に「おともだち」としての一体感を生んでいます。一人一人の動きや表情も魅力的で、撮影者の観察眼の鋭さとシャッターチャンスの見極めが光る作品です。

優秀賞には望月森雄さんの「さくら祭」と山中啓一さんの「夜桜」が選ばれました。「さくら祭」は桜と花火の競演に見物人を絡め、祭の雰囲気が立体的に表現されています。

「夜桜」はライトアップされた桜をスローシャッターで撮影。川面を流れる花びらの動感と桜のあでやかさが強調されています。(写真映像部)



「おともだち」 佐々木敏勝(日立市)
キヤノン 24〜105ミリ f4.0 1/500秒 ISO200=常陸大宮市




「さくら祭」 望月森雄(常陸大宮市)
ニコンD800 24〜105ミリ f11 5・7秒 ISO200=常陸大宮市


「夜桜」 山中啓一(阿見町)
キヤノン 16〜35ミリ f4 4秒 ISO200=土浦市




「春の譲り合い」 矢口正彦(笠間市)


「日立風流物」 若泉治男(行方市)


「自然豊かな中で」 藤井美代志(かすみがうら市)


「餌どり合戦」 佐藤邦夫(東海村)


「春耕」 桜井浩(小美玉市)


「おんぶ」 掛札真人(水戸市)


「春の風物詩」 助川護(常陸大宮市)


「特等席ひとりじめ」 盛田守(城里町)


「見合って」 溝口一郎(行方市)


「星空に抱かれて」 桜井孝(常総市)

2019 年
 9 月 17 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス