茨城新聞採用情報

動画ニュース 紙面の記事と連動 情報より伝わりやすく

茨城新聞ホームページでの動画ニュースの配信は、2012年10月から本格的にスタートしました。インターネットの普及に伴い、読者の多メディア指向に応える取り組みの一環で、紙面の記事と連動する形で、動画ニュースを付加しています。新しいスタイルの地域ニュース報道として、文章と写真だけでは伝えきれないような情報も、動画で紹介することによって、より伝わりやすくなることを目指しています。

動画ニュースが見られる記事には紙面上で「茨城新聞HPに動画」と表示し、紙面で動画ニュースの視聴を案内しています。

パソコンやスマートフォンで茨城新聞ホームページにアクセスすると、動画が見られる仕組みでホームページではトップページ中央に「茨城の動画」というタイトルで新着動画を表示中。タイトルをクリックすると、過去の動画ニュースも見ることができたり、動画付きの関連記は地域やキーワードで検索もできます。

過去の動画ニュースは月別にまとめられているため、さかのぼってチェックすることも可能。2012年10月以降、毎月70〜90本の動画ニュースを製作しており、実験的にスタートした2012年6月からの総製作本数は、2013年6月末現在で約850本に上ります。

動画は、取材記者や写真映像部員が撮影します。記者の取材予定から動画ニュースの対象を選定し、各支社局の記者が撮影した動画は光回線を使って総合メディア局に送信され、水戸市けやき台の茨城新聞編集センターで編集作業を行っています。スタート当初は3人でしたが、いまでは総勢7人が動画にかかわっています。

撮影は、新聞の写真のようにどこか1枚だけ撮れればよいというものではなく、数分程度に編集することを念頭に、たくさんのカットを撮影します。場所がどこだか一目でわるような看板や門を撮るところから始まります。

編集作業は、記者が書いた原稿を見ながら記事に沿った形で行い、必要に応じてテロップなどを加えています。

動画ニュースは、2012年10月にスタートした県のインターネットテレビ「いばキラTV」にも配信。月曜日から金曜日までの平日、昼と夕方のライブ番組「いばキラTVステーション」の中で、「茨城新聞ニュース」として放映されていました。2017年はいばキラTV「いばキラニュース」として提供しています。

茨城新聞HPの動画はこちら

2018 年
 12 月 17 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス