茨城新聞採用情報

営業職 イベント企画や広告のプランニングも

【AD】

「新聞社で営業職」といってイメージされるのは学生にはなかなか難しいようですが、営業の仕事もとても重要です。各家庭をまわって新聞の購読をお願いする業務と勘違いしている人も多いのですが、新聞社の社員が行うことはほとんどありません。

■販売営業
新聞購読を勧めることはとても大切ですが、新聞を購読者が直接契約しているのは、地域に密着した新聞販売店さんになります。新聞販売店が、茨城新聞をより売りやすくするため、販売店主の声を聴いたり、読者の声をきいて、キャンペーンを企画したり、よりよい新聞紙面にするために社内調整や編集部門への要望も行います。

■広告・イベント営業
新聞やホームページに掲載する広告のセールスやプランニング、イベントやセミナーの主催・運営など、新聞メディアを機能を最大限生かすための提案を行います。県内の主要企業や県・市町村の行政から個人商店まで幅広い広告主のニーズを拾う対応力が求められます。全国規模の広告主からの仕事も、都内の大手広告代理店経由で請け負うため、世の中の動向にも敏感である人材が欠かせません。

学生に人気の「企画」や「イベント運営」的な仕事が、実は新聞社の営業職にいっぱいあるのです。

2018 年
 12 月 17 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス