茨城新聞 県内選挙

県内ニュース

県内スポーツ

候補者プロフィール

海野徹 ウミノトオル 70 農業 維新 新




◆略歴
 いのちを守る政治を実現する茨城県民の会代表、党参議院茨城県選挙区第1支部長。元那珂市長当選2回、那珂市議当選2回。専修大卒。那珂市北酒出


◆公約
 (1)徹底した行政改革・身を切る改革(2)地方分権(統治機構の改革)(3)東海第2原発再稼働反対(4)自然再生可能エネルギーへの転換

日本の近隣外交の現状は、憂慮すべき状況だと考える。安全保障上も大きな負荷がかかっている。日米や台湾、欧州連合(EU)、インドや東南アジア諸国連合(ASEAN)、オセアニアなど民主的価値観を共有する国々との連携を強めることを前提に、粘り強く近隣諸国との関係を再構築する以外の道はないと考える

憲法は、不磨の大典ではない。時代や社会の状況において改正する必要がある。しかし、現在の内閣の下での9条改憲には賛成できない。現行憲法のうち、「教育費無償化」「統治機構改革」「憲法裁判所の設置」などを改正するべきである。私の尊敬する郷土の先輩政治家・根本正が取り組んだ義務教育無償化を引き継ぎ拡大することを憲法に明記したい

アベノミクスは、雇用状況の改善などいくつかの指標で改善がみられるが、実態は金融緩和による円安効果が輸出を後押ししたことなどの成果である。評価は限定的である。目的を目標と取り違えてはいけない。産業構造改革や革新的技術を進めるという本来の対応を進めることが大事だと思う。地方経済への波及には大きな課題がある

現時点で、10%の引き上げには反対である。その理由は、1、消費マインドに影響を与え経済にマイナス効果となる恐れが強い。2、日本維新の会は「増税の前にやるべきことがある」という立場だ。政治家自身がまず身を切る改革を徹底し、行政改革に本気で取り組むことことで財源は相当程度生み出すことができる

人口減少は、日本社会の緊急かつ重要な課題である。国家を再生し、首都圏一極集中から多極分散型(道州制)へ移行させ、地方を再生させることが不可欠である。茨城県は、住みよさランキングで全国的にも上位に位置する自治体が多いなど、恵まれた自然と生活利便性がある。県内に若い世代を呼び込む努力を続けるべきだと考える

地域間格差を埋めるためには、道路や鉄道などの移動手段、医療や福祉資源などのインフラを整備することは必要不可欠な政策である。豊かな自然や歴史、温和な地域性などの地域資源を活かして、特徴のある地域を創造するためにもインフラの整備と地域活性化に力を尽くしたい

良好な医療サービスの提供は、県民の安心や健康に欠かせない重要な社会的インフラである。県の努力を後押しし、医師養成や医師が勤務医としてあるいは開業医として活躍できるよう態勢を整える必要があると考える。また、産婦人科や小児科など診療科目のバランスを配慮しなければならない。これは国の医療政策であり、取り組むべき重要な課題だと思う

愛読書は歴史書、歴史小説など。感銘を受けた本はいろいろある

郷土の先輩政治家「根本正」。政治を志すきっかけとなった人物

誠心誠意

私は、兼業農家の長男として生まれた。小さいながらも農地を引き継ぐ予定である。しかし、小規模農地で農業経営をしようとすることはできない。今後の日本農業の将来、茨城県農業の将来は、高品質で安心な農産物を生産することにかかっている。企業的マインドを持った生産者が十分に活動できるような政策を、進めていく必要がある
子ども達が、人生を豊かに生き生きと送れるようにすることは、保護者及び教育に関わるすべての関係者の責務である。保護者、学校、地域社会も含めて、子ども達の生活の変化に注意を払い、子ども達には命の大切さを繰り返し教育する以外に方策はない。子ども達は親の保護のもとに生活する。保護者へのサポートも重要だ
茨城県は、住みよさランキングで全国的にも上位に位置する自治体が多いなど、恵まれた自然と生活利便性がある。イベントも観光地もあり魅力はある。そのことを、外部に向けてアピールする力に欠けていた面がある。インバウンドにも期待したい。県内の観光地や交通機関でのさらなる外国人対応が求められると思う
那珂市長経験者として東海第2原発再稼働には明確に反対してきた。理由は、1、事故は起こり得ること。2、周辺に94万人の県民が居住していること。3、市民アンケートの「反対」は65%だったこと、などである。自然再生可能エネルギーに転換を図ることが必要であり、核融合等の革新的技術にも最大の投資を行うべきだ
国体では、県や市町村がすでに準備に万全を期している。さまざまなアイデアを駆使している。人生の中で二度の国体、二度の夏季オリンピックを経験できるとは思わなかった。日本の他にお気に入りの国を応援することで、大いにオリンピックを楽しむということではいかがでしょうか
経済政策、福祉や教育、年金などが重要なことはもちろんだが、1、まず政治家が身を切る改革を行うと同時に、徹底した行政改革を行う。2、東海第2原発再稼働は安心安全の地域社会と共存できない。再稼働を阻止し、日本のエネルギー政策を自然再生可能エネルギーに転換することを訴えたい
粘り強く、周囲を説得しながら政策を実現する過程に関心を持った
史跡めぐりと読書が好き。野菜づくり
器用ではない所が短所、誠実が長所
すべての食べ物をおいしくいただける

(c)2010 IBARAKI SHIMBUN