茨城新聞 県内選挙

県内ニュース

県内スポーツ

候補者プロフィール

大内久美子 オオウチクミコ 69 政党役員 共産 新




◆略歴
 党中央委員会委員、党県委員会副委員長。元県議当選5回、水戸市議当選5回。茨城大養護教諭養成所卒。水戸市堀町

◆公約
 (1)暮らしを支える安心の社会保障の実現(2)東海第2原発の再稼働中止(3)お金の心配なく学び、子育てできる社会の実現(4)8時間働けば普通に暮らせる社会の実現(5)消費税増税中止、9条改憲を許さない

憲法9条を生かした平和外交が何よりも大切です。トランプ米大統領いいなりの米国兵器の「爆買い」はやめ、軍縮へ転換すべきです。北朝鮮問題の解決は、対話と交渉の継続しかありません。日本政府も日朝平壌宣言を基礎にすえて、積極的な役割を果たすことが必要です

日本国憲法には9条という世界で最もすすんだ平和主義や個人の尊重など人権を守る優れた規定があります。いま必要なことは憲法を変えることではなく、憲法を生かした平和日本を築くことです。9条に自衛隊を書き込む改憲案の狙いは、9条を空文化させ、海外での自衛隊の武力行使を無制限にする道です

評価できません。大企業や富裕層には株高や円安差益、減税などで莫大(ばくだい)な利益をもたらしましたが、働く人の賃金は上がらず、格差と貧困は広がりました。いま必要なのは家計を応援して、格差と貧困をただし、国民のくらしに希望が持てる経済政策へ切り換えることです

反対です。家計も賃金もマイナスという景気が落ち込んでいるときに増税などとても無理です。中止の決断をすべきです。増税分は戻すといいますが、それなら増税しなければいい。社会保障の財源は消費税に頼らず、アベノミクスで優遇されもうけを上げてきた大企業や富裕層に応分の負担を求めることで生み出せます

安定した雇用と社会保障こそが人口減少の最大の歯止めです。国は「国策」の押し付けをやめ、地域の力を生かした自治体の取り組みを応援し、財源を保障すべきです。農林水産業の振興、中小企業の支援、防災・維持管理優先の公共投資へ転換が必要です。最低賃金はただちに大幅に引き上げるべきです

県北では農林水産業や中小企業支援など地域特性を生かした振興策、地域医療や公共交通の整備など、住みつづけられる地域づくりが必要です。県南では学校の増設、とくに特別支援学校の増設、児童相談所、障害者入所施設の整備など安心して子育てできる環境をつくることが急務です

医学部の定員増や修学資金貸与制度の拡充、とくに小児科・産科医の確保には緊急対策が必要です。医師を公的に任用し不足地域に派遣する取り組みを拡充します。看護学生への修学資金貸与制度の大幅引き上げと退職した看護師の再就労を支援します。安定して医師を確保するために県立医科大学の設置を検討すべきです

「橋のない川」 住井すゑ著

特定の人はいない。誠実・前向き

自分の一生を生きるのは自分であってほかの誰でもない

家族農業を維持するには農産物の価格保障・所得補償を充実させ、条件づくりが不可欠です。直売所や産直、地産地消の取り組みへ支援を強めます。若い人が農業の担い手になれるよう技術研修や農地の確保、資金提供、販路や住宅など国・県一体となった支援体制が必要です
いじめはいかなる形をとろうとも人権侵害であり、暴力です。ささいなことでも様子見せずに教職員、保護者ぐるみで子どもの命最優先の対応が求められます。そのためにも教師の多忙化解消、少人数学級の拡大、養護教諭・カウンセラーの増員、いじめ問題の研修、さらに学童保育や児童相談所の充実が必要です
最下位は残念ですが、茨城は海あり山あり、豊かな農作物が育つ大地があります。こうした地域の特性を生かした取り組みを支援することが大事です。遅れている医療・福祉の引き上げも政治の責任です。「原発ゼロ」を発信し、自然エネルギーの先進県をめざすことも魅力的な取り組みとなると思います
40年の老朽原発をさらに20年運転延長するなどあまりにも危険です。94万人の住民避難など不可能です。再稼働せず廃炉にすべきです。原発はひとたび大事故を起こせば人間も地域も壊してしまいます。野党提出の原発ゼロ基本法案を実現させ、再生可能エネルギーの拡大へ転換をすすめます
国体では多くの方が本県を訪れ、茨城を知ってもらう絶好の機会となると思います。東京オリンピックとパラリンピックでは、スポーツを通じて世界の人々と交流を深め、平和への思いが結集されるよう期待されます。いずれも準備にあたっては無駄を省き、簡素に努めることが必要です
無認可保育園で働き、市長に補助の要請に行きました。「子どもを役所にめんどうみてもらうとは親の身勝手」といわれ、子どもと女性のために発言をしたいと決意しました
趣味 映画鑑賞とハイキング
特技 食事を自分でつくる
長所 決断が速い
短所 自分の意見を必ず言う
納豆と野菜

(c)2010 IBARAKI SHIMBUN