藤田氏処遇決まらず 立民県連先送り:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2019年2月15日(金)
藤田氏処遇決まらず 立民県連先送り
参院選候補選定

立憲民主党県連(難波奨二代表)は14日、東京都内で常任幹事会を開き、今夏の参院選茨城選挙区(改選2)で擁立を目指す候補者選定について協議したが、結論を先送りした。

立民への入党を表明し、国民民主党に離党届を出している藤田幸久氏(同選挙区)について、国民が処分を決めていないことが理由。終了後、難波代表は「藤田氏の(国民での)処遇が決まるまで候補者選定の議論ができず、決めることはできない」などと述べた。

立民は藤田氏を含め、複数の候補者から同選挙区への擁立作業を進めている。




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN