J2水戸、推しメン総選挙 黒川選手初1位:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2019年5月30日(木)
J2水戸、推しメン総選挙 黒川選手初1位


【写真説明】
推しメン総選挙で1位に輝いた黒川淳史選手(中央)=19日、ケーズデンキスタジアム水戸



サッカーJ2水戸ホーリーホックは29日、今年で5回目となる「2019年シーズン推しメン総選挙」の最終結果を発表した。FW黒川淳史選手が得票率15・7%で初の1位に輝いた。2位はDF志知孝明選手、3位はGK本間幸司選手と続いた。

今年は4月7、28日、5月19日のホーム試合で投票が行われた。期限付き移籍の選手として初の1位になった黒川選手は「僕は“あざとかわいい”キャラ。プレーの激しさと、ピッチ外でのかわいさのギャップが功を奏したと思う」とおどけた。

10位以内の選手は、クリアポスター、背番号タオルマフラー、アクリルスマホスタンドなど各種グッズが制作される。6月9日のホーム試合から順次販売される予定。4位以下はDF細川淳矢、GK松井謙弥、MF茂木駿佑、MF浅野雄也、MF前寛之、DF伊藤槙人、MF白井永地の各選手だった。(藤谷俊介)




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN