アユ釣り解禁 久慈川で「友釣り」:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2019年6月2日(日)
アユ釣り解禁 久慈川で「友釣り」


【写真説明】
解禁日にアユを釣り上げる釣り人=1日午前6時半、大子町下野宮、鹿嶋栄寿撮影



茨城県内の主要河川で1日、アユ釣りが解禁となった。大子町の久慈川では、おとりアユを使った独特の釣法「友釣り」で、川面に多くの竿(さお)が立った。

同日未明までのにわか雨で、上流はやや増水し濁りも入った。「水温が上がらず、魚の活性が低くて渋い釣りになった」(久慈川漁協関係者)と心配する声もあった一方、「今年はスタートから好釣果の報告が届いた」(地元釣具店)という声も。場所によりムラがあったようだ。

県内河川では、さまざまなアユ釣りを満喫できる。渓流の自然に触れられる久慈川、ゆったり気分で釣り糸を垂らせる那珂川、友釣りではなく餌釣りの本場の花園・大北川など。シーズンは9月末ごろまで。(藤崎和則)




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN