霞ケ浦 初勝利ならず 履正社(大阪)の猛打に屈す 夏の甲子園:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2019年8月7日(水)
霞ケ浦 初勝利ならず 履正社(大阪)の猛打に屈す 夏の甲子園


【写真説明】
履正社‐霞ケ浦 三回表、履正社2死、相手から三振を奪う霞ケ浦の山本=甲子園球場、吉田雅宏撮影



第101回全国高校野球選手権大会は大会第2日の7日、1回戦を行い、春夏通算で3度目の出場となる本県代表の霞ケ浦は、第1試合で履正社(大阪)と対戦し、6-11で敗れ、甲子園初勝利はならなかった。

履正社は序盤から霞ケ浦の主戦・鈴木寛人(3年)をとらえ、三回までに7点をリード。鈴木、山本雄大(2年)両投手から、1試合チーム本塁打の大会最多記録に並ぶ5本塁打を放つなど、11点を奪う猛攻を見せつけた。対する霞ケ浦は三回裏、天野海斗(3年)の左翼への本塁打で反撃を開始、六回には集中打で一挙4点を奪うなど、食い下がったが、及ばなかった。




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN