路線バスで温泉ツアー 常陸太田、参加者募集:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2020年2月25日(火)
路線バスで温泉ツアー 常陸太田、参加者募集

常陸太田市地域公共交通活性化協議会は、3月10日に開催する「市内路線バスで行く『ぬく森の湯』温泉バスツアー」への参加者を募集している。

自宅近くのバス停から路線バスに乗って、同市大中町の「里美温泉保養センターぬく森の湯」に向かい、温泉や食事、カラオケなどを楽しみ、路線バスを使って帰宅する。当日は茨城交通のスタッフが路線バスの乗り方などを案内する。

ぬく森の湯の泉質は全国トップクラスの高いアルカリ度数を誇る。神経痛や冷え性、疲労回復などに効果があるとされ、「入浴後は肌がつるつるスベスベになる」と好評だ。休憩室の大広間や個室、サウナなども備える。JR常陸太田駅から午前11時3分発のバスで、ぬく森の湯に正午すぎに到着。約3時間の滞在後、帰宅する。運賃、入浴料金、食事代は各自の負担。

ツアー参加者には、茨城交通バスの運賃精算に利用できるICカード「いばっピ」1000円分や、ぬく森の湯「入浴料200円引券」とソフトドリンク1杯無料券などをプレゼント。

同協議会では「バスに乗ってゆっくりとした時間を過ごしてもらい、バス利用のきっかけになれば」と呼び掛ける。定員は先着30人。申し込み、問い合わせは同協議会(市企画課)(電)0294(72)3111




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN