「取手市民のうた」完成 コーラスに市民、ダウンロード可 市制50周年:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2020年2月26日(水)
「取手市民のうた」完成 コーラスに市民、ダウンロード可 市制50周年
歌手・谷本さんが公募フレーズ基に制作、歌唱指導も


【写真説明】
「取手市民のうた〜新しい明日〜」のレコーディングでコーラス参加者と一緒に歌う歌手の谷本貴義さん(右端)=同市藤代(同市提供)



10月1日に市制施行50周年を迎える取手市が新たに制作していた「取手市民のうた」が完成した。歌手の谷本貴義さんが作詞・作曲・編曲と歌を担当し、サブタイトルは「新しい明日(あした)」。3月1日からは市ホームページで無料の視聴、ダウンロードができる。市は「全市民が口ずさむことができる環境にしたい」と話している。

同市には、1972年に作られた「取手市民のうた」があるが、詞の内容が合併前の旧取手市のものという。今回、市制施行50周年を機に、歌を通じて市への誇りと愛着心を持ってもらうことなどを狙いに新たに制作した。

谷本さんは広島県出身で、2001年に歌手デビュー。以後、アニメ「ドラゴンボール改」「金色のガッシュベル!」の主題歌を歌うなどアニメ、ゲーム、CMソングを多数手掛ける。

市は昨年夏ごろから曲の制作を始め、歌詞の基となる20字以内の「歌詞に入れたい言葉」=フレーズを一般公募していた。集まったフレーズを基に谷本さんが作詞し、曲をつけた。また、レコーディングには一般からコーラス参加者を募集し、谷本さんの歌唱指導を受けるなどした。

新たな「取手市民のうた」は、明るく軽快なアップテンポのメロディーとなっている。今後は、市のイベント会場などで披露される。

CD発売の予定はないが、市から一般へのCD無料貸し出しが4月1日から開始される。配布用CD千枚はフレーズやコーラスの応募者、幼稚園や保育所、小中学校や公共施設へ配られる。一般参加者が簡単な振り付けで歌に合わせて踊るプロモーションビデオ(PV)も作られており、3月中に市ホームページで公開される。問い合わせは市文化芸術課(電)0297(74)2141。(高阿田総司)




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN