《新型コロナ・感染拡大防止》境町が備蓄マスク、全世帯に無料配布 12日から:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2020年3月8日(日)
《新型コロナ・感染拡大防止》境町が備蓄マスク、全世帯に無料配布 12日から

新型コロナウイルスの影響を受け、境町は、町が災害用に備蓄するマスク4万枚を、ほぼ全世帯に当たる町内約9500世帯に無料で配布する。12、13の両日、町内5カ所で送付したはがきと引き換える。

配布枚数は家族の人数にかかわらず、1世帯当たり大人用2枚と女性・子ども用3枚の計5枚。配布場所は、町役場▽文化村公民館(上小橋)▽ふれあいの里(栗山)▽伏木文化センター(伏木)▽塚崎一区公民館(塚崎)-の駐車場。期間中に引き換えができない世帯は、14日に町役場で受け付ける。マスク不足により購入が難しい中、区長会や高齢者たちでつくる「いきいきクラブ連合会」からの要望書を受けて決めた。

町は6日、備蓄が1カ月分に満たない民間の保育園2カ所と認定子ども園4カ所にも、それぞれ120枚と2千枚を配布。同様にマスクが不足する福祉施設14カ所についても、今後配布するとしている。




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN