五輪聖火リレー 鈴木桂治さんは常総 茨城県内40人、走行市町村公表:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2020年3月11日(水)
五輪聖火リレー 鈴木桂治さんは常総 茨城県内40人、走行市町村公表

東京五輪聖火リレーについて茨城県は10日、県が選考しランナー40人の走行市町村を公表した。女優の白石美帆さん(41)は常陸太田市で、アテネ五輪柔道金メダルの鈴木桂治さん(39)は出身地の常総市でトーチを手にする。

主に出身地やゆかりのある土地、その近隣などを割り当てた。

サッカー競技が開かれる鹿嶋市では、かしま大使で歌手の研ナオコさん(66)が走る。プロ野球・元東北楽天監督の大久保博元さん(53)は大洗町、プロゴルファーの畑岡奈紗さん(21)は笠間市、俳優の渡辺徹さん(58)は古河市と、それぞれ地元を任された。

本県聖火リレーは7月5、6両日に計16市町で実施。各日とも、出発地点の鹿島神宮と古河駅西口では「出発式」を、到着地点の千波公園ふれあい広場と研究学園駅前公園では「セレブレーション」などの催しが開かれる。

スポンサー枠の走者を含め、具体的な走行順は開催2週間前に公表する予定。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、入場制限や応援自粛などの措置が講じられる可能性もあり、大会組織委員会は1週間前までに実施方法を公表する。(戸島大樹)

■聖火ランナーの走行市町村

7月5日
【鹿嶋市】潮田修平、研ナオコ、小山泰明、宮崎明恵
【ひたちなか市・大洗町】大久保博元、小松本光希、吉田千秋
【大子町】平岡拓晃、藤田光希
【日立市】上妻宏光、関内礼子、本田喜代美、六角彩子
【常陸太田市】井上峰子、櫻井由子、白石美帆
【笠間市】畑岡奈紗
【水戸市】飯島秀雄、嘉山馨菜、高野航太朗

7月6日
【古河市】野底愛、芳賀春子、渡辺徹
【坂東市・常総市】高橋明子、前山諭、山野哲也
【常総市】鈴木桂治、羽田美智子
【牛久市】久保田真陸、小林孝至
【龍ケ崎市】青木サヨ子、シャーアトゥルアマン
【行方市】大木卓也、岡里明美、踊正太郎
【土浦市】今泉壽、福見友子
【つくば市】加藤澤男、伏木晃司、毛利衛
※市町村の並びは区間順、氏名は五十音順、敬称略




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN