児童クラブ運営費、100万円の寄付募る 境町、ふるさと納税活用:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2020年3月16日(月)
児童クラブ運営費、100万円の寄付募る 境町、ふるさと納税活用

境町は、ふるさと納税の仕組みを活用する「ガバメントクラウドファンディング(GCF)」で、児童クラブ運営費用(利用料や子どもたちの昼食代)の寄付を募っている。目標金額は100万円で、100万円達成後も3月31日まで受け付ける。

町では、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、2日から24日まで、町内全小中学校を臨時休校にしている。日中も児童クラブを利用することになった保護者や児童の経済的・精神的負担を軽減する措置として、ふるさと納税仲介サイト「ふるさとチョイス」で寄付を募ることを決めた。ふるさと納税と異なり、寄付者に対する返礼品は用意しない。

GCFは、自治体が寄付金の具体的な使い方を提示した上で、インターネット上で不特定多数の人から寄付を募る仕組み。町は「寄付金をそのまま事業に使え、財政的にも助かる」と話している。




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN