八千代町のふるさと納税3.3倍、急伸 19年度、1億4200万円 返礼品のコメ人気:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2020年3月30日(月)
八千代町のふるさと納税3.3倍、急伸 19年度、1億4200万円 返礼品のコメ人気


【写真説明】
特産品などが紹介されている八千代町のふるさと納税の返礼品リスト



八千代町のふるさと納税の寄付金が好調な伸びを見せている。2019年度(3月27日現在)の申し込み件数は、前年度比で3.3倍の約1万2700件に上り、寄付金(入金)も約1億4200万円に達した。返礼品はJA常総ひかりが提供するミルキークイーンに人気があり、町財務課は「相乗効果でほかのコメなどの返礼品も伸びている。町のPRにつながり、引き続き力を入れていきたい」と話している。

町が紹介する返礼品の提供者は、その多くが農産物や加工品などを扱い、18事業者計116品目がそろう。コメやナシ、カップ麺のセットなどが人気だ。

年度途中の19年度は、ミルキークイーン白米10キロの申し込み件数が全体の約42%を占める約5800件あり、次にノンフライカップ麺18食詰め合わせセットが約1700件、コシヒカリ(ひかりちゃん)10キロが約1080件と続く。ミルキークイーンの需要は前年度に比べ大幅増で、同課は「(ポータルサイトなどの)口コミで興味を持ってくれた人が寄付に応じたり、リピーターになり効果が出たのでは」とみている。

町は返礼品を扱う同制度を14年度から始めた。初年度こそ寄付件数5件で83万円だったが、その後は右肩上がりとなり18年度は3758件、4114万円まで急伸。町は20年度当初予算で、ふるさと納税の寄付金として1億5千万円を計上している。

町は寄付金を活用し、高齢者宅を訪問する車両購入などに当てている。毎年度、申し込み件数が増え、同課は「地域経済や地元の業者が活性化すれば新たな商品開発、人の育成につながる。事業を進めたい」と話している。

同制度の問い合わせは町財務課(電)0296(48)1111
(小林久隆)




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN