石岡市長選19日告示 新人3人の争いか:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2020年4月18日(土)
石岡市長選19日告示 新人3人の争いか




今泉文彦市長の辞職に伴う石岡市長選は19日告示される。元市長公室長の佐々木敏夫氏(62)と、元県議の谷島洋司氏(57)、無職の藤井優雄氏(55)=いずれも無所属=の新人3人が立候補を表明している。

佐々木氏は、市職員の経歴を生かし「石岡の活力を生み出す即戦力」を強調。企業誘致や起業支援で若者が働けるまちづくりや、フラワーパークを中心に周遊観光の整備を訴える。

谷島氏は「夢のある石岡へ」をスローガンに、県議時代に培った県とのパイプを強調。医療・介護・福祉を守ることや、将来への投資として子どもの教育機関の充実を訴えている。

藤井氏は、石岡には歴史があるとして「世界一素晴らしいまちにできる」と強調。そのために医科大誘致や、つくばエクスプレス(TX)延伸、コミュニティーバス運行を訴える。

投票は26日午前7時から午後6時まで市内52カ所で行われ、同7時半から同市石岡の市役所本庁舎1階で即日開票される。有権者は6万3536人(3月1日現在)。(藤崎和則)




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN