《秋季関東高校野球》鹿島学園は専大松戸に敗れる 鎌倉学園、東海大甲府、東海大相模8強入り:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2020年10月25日(日)
《秋季関東高校野球》鹿島学園は専大松戸に敗れる 鎌倉学園、東海大甲府、東海大相模8強入り

第73回秋季関東高校野球大会は25日、千葉県の柏の葉公園野球場とZOZOマリンスタジアムで1回戦の残り4試合が行われ、茨城代表の鹿島学園(茨城1位)は専大松戸(千葉3位)に0-8で敗れた。

このほか、鎌倉学園(神奈川2位)が昌平(埼玉1位)を11-7で下した。東海大甲府(山梨1位)は8-1で細田学園(埼玉2位)を退けた。東海大相模(神奈川1位)は石橋(栃木2位)に7-0で七回コールド勝ちした。

茨城県勢は、1回戦を突破した常総学院(茨城2位)が、来春のセンバツ出場が濃厚となる4強入りを懸けて、27日に木更津総合(千葉1位)と対戦する。

そのほかの準々決勝の組み合わせは、健大高崎-国学院栃木、鎌倉学園-専大松戸、東海大甲府-東海大相模となった。




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN