新型コロナ 茨城で新たに85人 工場でクラスターか、病院でも感染者増:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2021年1月21日(木)
新型コロナ 茨城で新たに85人 工場でクラスターか、病院でも感染者増


【写真説明】
茨城県庁=水戸市笠原町



茨城県と水戸市は20日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに計85人確認されたと発表した。うち2人は、ともに日立市内の同じ工場に勤務する50代男性。つくば市内の民間病院では新たに4人の感染が判明した。県内の累計感染者は4026人となった。

県によると、日立市内の工場では14〜19日に男性従業員5人の感染が判明しており、これで感染者は計7人となった。県は「事業所内でのクラスター(感染者集団)発生は否定できない」と説明した。

同病院で感染が分かったのは、医療従事者の20〜30代の女性3人と、既に感染が判明している患者と同じ病棟に入院する80代女性。同病院での感染者は計12人に拡大。水戸市内の医療機関に勤める30代医療技術者女性の感染も分かった。

美浦村の特別養護老人ホーム「みほ」では、40代男性職員が2回目の検査で感染が判明した。

新型コロナ感染者のうち新たに92人が回復。県内の退院・退所などは計3064人となった。

■県内の感染状況
新規 85人
累計 4026人
うち死者 45人
退院・退所等 3064人
(県発表、20日午後10時現在)




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN