コロナ感染者、院外診断 産総研 診療車を共同開発:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2021年6月18日(金)
コロナ感染者、院外診断 産総研 診療車を共同開発


【写真説明】
感染対策したエックス線診療車内で、患者(右)と医師が画面越しに診療した後、右奥の別室でエックス線撮影する=つくば市並木



産業技術総合研究所(産総研)は新型コロナウイルスの感染者に対し、オンラインで医師面談したり胸のエックス線撮影をしたりできる診療車を開発し、17日につくば東事業所(茨城県つくば市並木)で車両を公開した。感染防護された診察室と診療設備を搭載。病院の外で使うことで、医療従事者の感染リスクを減らすのが狙い。7月から筑波メディカルセンター病院(同市天久保)の敷地内に置き、運用を始める。

エックス線診療車は、産総研と同病院などが共同開発した。

車両は検診用の大型バスを使う。新型コロナの陽性者への初期診療を行うため、胸部エックス線撮影装置や全自動血圧計などを備えている。看護師と放射線技師が同乗し、看護師は車外で患者の体温や血中酸素量などを測る。患者は車内で、技師により胸のエックス線を撮影。画像は転送され、医師がインターネットを通じて画面越しに患者を診断する。

車内は感染者が入る場所と入らない場所で区画分けされ、空気も一方向に流れて排出されるようにしてスタッフが患者の飛沫(ひまつ)を浴びないようにする。

陽性者を診断している同病院では現在、屋外に置いた陰圧テント内で、エックス線撮影や遠隔診察室内での医師面談を行っている。感染対策をしているものの、患者との接触は一般患者や医療従事者の二次感染のリスクがある。テントは悪天候や夜間に診察できない問題もある。

産総研の達吉郎研究部門長は「二次感染防止のために必要なオンライン環境や抗菌、換気の技術を組み合わせた。問診のみならどこでも利用できる」と利点を語った。病院のほか、クラスター(感染者集団)が発生した施設や軽症者療養施設にも出向き、健康診断を行うことを想定する。




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN