眞子さま結婚 「芯の強さ」共感広がる 茨城県民祝福「幸せになって」:茨城新聞

県内ニュース

県内スポーツ


2021年10月27日(水)
眞子さま結婚 「芯の強さ」共感広がる 茨城県民祝福「幸せになって」


【写真説明】
茨城国体の式典出席に合わせ、袋田の滝を訪れた秋篠宮家の眞子さま(当時)=2019年10月7日、大子町袋田



秋篠宮家の長女眞子さま(30)は26日、大学時代の同級生、小室圭さん(30)と結婚された。

眞子さんの結婚について茨城県民からは、祝福とともに困難に立ち向かう芯の強さに共感する声が上がった。

眞子さんは2019年の茨城国体で式典出席のため初来県し、県内を視察した。水戸市スポーツ振興協会事業課の小口美章さん(45)は「物静かで優しそうだった」と当時の印象を振り返り、「人生をともにする人に会えた。2人で力を合わせ、幸せになってほしい」と願っていた。

眞子さんが訪れた大子町の袋田の滝で観瀑(かんばく)台を管理する町振興公社パート職員、笠井文江さん(49)は「優しい笑顔が印象的だった。和やかな家庭を築き、新しい家族でまた来てほしい」と望んだ。

小室圭さんの家族の金銭問題が解消されない中で結婚に踏み切った眞子さん。若い女性の間にはその「強さ」に共感が広がった。

東海村、会社員、小林有希さん(24)は「周りが何を言っても決心を変えなかった。すごいと思う」。水戸市、大学生、出津綾音さん(19)は「相手を大切に思う気持ち、信じる気持ちを学んだ」と語った。

一方で、水戸市の主婦は「疑問をクリアにしてほしかった。もやっとする部分もある」と話した。

大井川和彦知事は26日の定例記者会見で、茨城国体で応対した際の印象を「本当に素晴らしい方」とした上で、「お2人のこれからの幸せな生活を心から願っている」と述べた。




サイト内検索
(c)2010 IBARAKI SHIMBUN