2015年10月6日(火)

水害復興支援 日立が500万円 県に寄付 

山口やちゑ副知事(中央)に寄付金の目録を手渡す日立製作所関東支社の小林幹夫支社長(右から2人目)=県庁
山口やちゑ副知事(中央)に寄付金の目録を手渡す日立製作所関東支社の小林幹夫支社長(右から2人目)=県庁

関東・東北豪雨の復興支援のため、日立製作所(東京)は5日、県に500万円を寄付した。同社関東支社の小林幹夫支社長らが同日、県庁を訪れ、山口やちゑ副知事に目録を手渡した。

小林支社長は「亡くなられた方のご冥福をお祈りします。(寄付金は)水害で被害に遭った方々の復興に活用してほしい」などと語った。

山口副知事は、鬼怒川決壊で「自宅が流された人の中には、ローンが残り、途方に暮れている人もいる。収穫後、仮保管中だったコメが被害に遭った農家もある」など、水害の状況などを説明。寄付金について「生活者の復興に役立つよう使わせていただきたい」と謝辞を述べた。



次の記事:駅猫「おさむ」天国へ ひたちなか海浜鉄道

全国・世界のニュース

2019 年
 6 月 25 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス