2017年6月10日(土)

カボチャ/根本悦子さんのレシピ

油と調理で栄養素吸収

カボチャはビタミンEとβ-カロテン(ビタミンA)を豊富に含むほか、ビタミンB1、B2、C、カルシウム、鉄分、カリウムなどをバランスよく含んでいます。

β-カロテンには、粘膜などの細胞を強化して免疫力を高める働きや体を酸化から守る抗酸化作用、免疫力の向上、アンチエイジング(老化防止)効果があります。ビタミンEも血液の流れを良くし、冷え性予防にも有効とされています。β-カロテンとビタミンEを効率的に摂取したい場合は、油と一緒に調理をすると体内での吸収率アップが期待できます

さらにビタミンCもトマトの3倍近い量を含んでいます。カボチャのビタミンCは熱に強いため摂取しやすいなどの利点があります。

カボチャのコロッケ
■カボチャのコロッケ
【材料】(4人分)
{カボチャ400グラム、塩少々、こしょう少々}、{玉ネギ1/4個、豚ひき肉60g、塩少々、こしょう少々}、衣{小麦粉・卵・パン粉各適量}、揚げ油、キャベツ200グラム、プチトマト4個、レモン1個
【作り方】
(1)カボチャは適当な大きさに切り、柔らかく蒸しつぶす。下味をつける。
(2)フライパンに油を入れ、玉ネギと豚ひき肉を炒め塩、こしょうする。
(3)カボチャに(2)を入れ交ぜ、俵型に整える。衣をつけて、油でカリッと揚げる。
(4)千切りキャベツ、トマト、レモンとともに盛り付ける。

メロンと魚介のサラダ
■メロンと魚介のサラダ
【材料】(4人分)
メロン2個、エビ4尾、タコ100グラム、グレープフルーツ1個、イタリアンパセリ少々、※ドレッシング{バルサミコ酢(または酢)大1、塩小1/3、こしょう少々、砂糖小1/2、油大3}
【作り方】
(1)エビは背わたを取り、酢を入れた湯でゆで殻をむく。タコは一口大に切る。
(2)メロンは半切りにして種を取り、丸くくりぬく。グレープフルーツは1房ずつ、果肉のみにする。
(3)(1)と(2)をドレッシングであえる。
(4)くりぬいたメロンに(3)を盛り付け、イタリアンパセリを飾る。

全国・世界のニュース

2019 年
 4 月 22 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス