2017年8月12日(土)

ズッキーニ/根本悦子さんのレシピ

カロリー低く利尿効果

ズッキーニは、フランス料理やイタリア料理によく使われます。形はキュウリのようですが、カボチャの仲間で、加熱により口当たりもよくなり、カロリーが低いのが魅力です。多く含まれるカリウムは利尿効果が高いため、熱中症予防や高血圧予防、むくみ解消も期待できます。

ズッキーニの代表的な料理にラタトゥユがあります。油で炒めることでズッキーニに含まれるカロテンの吸収力がアップします。体の免疫力を強化してくれるので、粘膜を強くし、風邪予防にも効果があります。また、貧血予防の葉酸、ビタミンB群は代謝を促しますので、この時期、夏バテ予防やダイエット、生活習慣病予防にお勧めです。

チキンとズッキーニのハーブ焼き
■チキンとズッキーニのハーブ焼き
【材料】4人分
{鶏もも肉400グラム、塩小1/2、こしょう少々、ローズマリー・タイム・オレガノ適量、ニンニク2かけ}、オリーブ油大2、ズッキーニ1本、トウモロコシ(ゆで)適量、ローズマリー・タイム各適量
【作り方】
(1)鶏肉は観音開きにし、塩、こしょう、ローズマリー、オレガノ、タイムなどの香辛料、ニンニクのすりおろしをすりこみ、オリーブ油をかけてマリネする。
(2)天板に鶏肉をのせ、オーブン200度で10分程焼く。(フライパンかグリルで焼いてもよい)
(3)ズッキーニ、トウモロコシは大きさにより、5〜8分焼く。(2)とローズマリー、タイムを添えて盛りつける。

ラタトゥユ
■ラタトゥユ
ズッキーニ1本、トマト3個、ナス2本、ピーマン2個、パプリカ(黄)1/2個、玉ネギ100グラム、ニンニク1かけ、オリーブ油大1、{塩小1/2、こしょう少々、スープ1/2カップ}
【作り方】
(1)トマトは皮を湯むきし、一口大に切る。
(2)ナスは1センチの輪切り、ズッキーニも同様に切る。
(3)ニンニクはみじん切り、玉ネギはくし形に切る。
(4)ピーマン、パプリカは一口大に切る。
(5)鍋にオリーブ油を入れ、(3)、(2)、(4)、(1)を炒め、調味料、スープを加えて柔らかく煮る。

最近の記事

全国・世界のニュース

2019 年
 4 月 26 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス