2017年9月9日(土)

サツマイモ/根本悦子さんのレシピ

じっくり加熱 甘み増す

県の特産サツマイモの季節です。サツマイモ1本(約200グラム)で1日に必要なビタミンCを取ることができます。ビタミンCは熱に弱いのが特徴ですが、芋はデンプン質が多いため、熱を加えても破壊されにくいのです。炭水化物の代謝を促すビタミンB1、抗酸化作用の強いビタミンE、食物繊維も多く含まれ、コレステロールの低下、血糖値のコントロール、便秘にも効果的。皮ごといただくとよいでしょう。

時間をかけて蒸したり、焼いたりすると甘みが増してさらにおいしくなります。サツマイモに含まれる「アミラーゼ」という酵素がデンプンを甘みのある麦芽糖に変えるためです。電子レンジでは加熱時間が短く、本来の甘さを味わえません。たまにはゆっくり時間をかけて本来の甘さを味わってみましょう。

さつま汁
■さつま汁
【材料】(4人分)
サツマイモ150グラム、鶏もも肉100グラム、こんにゃく1/2枚、オクラ4本、ミョウガ2個、だし汁4カップ、みそ40グラム
【作り方】
(1)サツマイモは1センチの輪切り、または半月切りにし、水によくさらす。
(2)鶏肉は一口大に切り、さっと湯がく。
(3)こんにゃくは短冊に切り、湯がく。
(4)オクラはゆでる。
(5)ミョウガは薄切りする。
(6)だし汁に鶏肉、サツマイモ、こんにゃくを入れて煮る。サツマイモに火が通ったらみそを加えて味を調える。
(7)オクラ、ミョウガを加える。

サツマイモのレモン煮
■サツマイモのレモン煮
【材料】(4人分)
サツマイモ1本、水1カップ、砂糖大3、塩少々、レモン汁大1
【作り方】
(1)サツマイモは皮付きのまま、よく洗い、1センチの輪切りに切り、よく水にさらす。
(2)鍋にサツマイモ、水、砂糖、塩を入れ火にかける。
(3)強火でふたをして煮込む。レモン汁を加え、やわらかくなったら、煮汁を飛ばす。

全国・世界のニュース

2019 年
 4 月 25 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス