2017年12月9日(土)

ソバ/根本悦子さんのレシピ

良質なタンパク質豊富

ソバの栽培が始まった時期はかなり古く、縄文時代といわれています。奈良時代から室町時代ごろまでは「ぞうすい」や「そばがき」などの形で食べられてきたようです。江戸時代の初めごろまでに練ったそば粉を細長く切った「そば切り」が発明されたといわれています。江戸時代中ごろそば屋が庶民に広まり、今のようなそば切りが親しまれるようになったようです。

ソバのタンパク質は良質で、必須アミノ酸の含有率が高く、バランス良く含まれています。ソバ特有のポリフェノールであるルチンは、毛細血管や動脈の弾力性を高め、血圧の上昇を抑える働きがあるといわれており、高血圧予防効果や抗酸化作用、血流改善効果などが期待されています。香りよし、味よし、体によし、新ソバの季節です。

そばの実けんちん汁
■ソバの実けんちん汁
【材料】(4人分)
{ソバの実大3、湯適量}、大根150グラム、ニンジン100グラム、里芋100グラム、こんにゃく1/2枚、小松菜1/2束、油適量、{だし汁4カップ、しょうゆ大1、みりん大1}、ユズ適量
【作り方】
(1)ソバの実はゆでる。
(2)大根、ニンジンは5ミリのいちょう切り、こんにゃくは短冊切り、里芋は皮をむき1センチに切りゆがく。
(3)鍋に油を入れ、(2)を炒め、だし汁を加えてやわらかくなるまで煮込む。ソバの実を入れ煮る。調味料で味を調える。

そばがきぜんざい
■そばがきぜんざい
【材料】(4人分)
{そば粉100グラム、熱湯1/2カップ}、{ゆであずき(缶)400グラム、水1カップ、塩少々}
【作り方】
(1)そば粉に熱湯を入れ、菜箸でかき混ぜる。一口大に丸め、さっとゆがく。
(2)ゆであずきに水、塩を入れて火にかけ、とろりとするまで煮る。
(3)器にそばがきを入れ、(2)をかける。

全国・世界のニュース

2019 年
 7 月 19 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス