2018年4月26日(木)

大洗に新商業施設 27日正式オープン

衣料や雑貨、飲食店

27日にグランドオープンする大洗シーサイドステーション=大洗町港中央
27日にグランドオープンする大洗シーサイドステーション=大洗町港中央

昨年夏に撤退した旧大洗リゾートアウトレットに居抜き出店する新商業施設「大洗シーサイドステーション」(大洗町港中央)が27日、正式オープンする。衣料品や100円ショップなど日常の買い物を楽しめるテナントが中心で、近隣型ショッピングセンター(SC)の色合いが強い。多目的ホールを整備予定で、交流の場も提供したい考えだ。幅広い世代をターゲットに据え、観光客と地域住民の「共存」を目指す。


撤退した旧大洗リゾートアウトレットを不動産開発研究所(東京)とOaraiクリエイティブマネジメントが、共同で施設運営を引き継いだ。昨年11月にはプレオープンしている。

太平洋を望む新施設には若者向けファッションや雑貨品のほか、飲食店やヨガ教室など約20店舗が入る。地元特産品を取り扱う「大洗まいわい市場」に加え、町を舞台にした人気アニメ「ガールズ&パンツァー」(ガルパン)の関連グッズを販売する「大洗ガルパンギャラリー」は従来と場所を変えてリニューアルさせた。営業時間は午前10時から午後7時まで(一部店舗除く)。季節に応じて変更する。

アウトレットモール時代にあった植栽や噴水は撤去し、歩行スペースを拡幅。移動性を高めるとともに、開放感を演出した。現在、出店に向けて調整中の事業者もあり、テナントは順次増える見通し。今後、多目的ホールを造り、イベントを開催したり社交場として活用したりする。

Oaraiクリエイティブマネジメントの常盤良彦社長は「ここからが再生へのスタート。将来的には道の駅としての性格も持たせ、観光客も地域住民も共に楽しめる環境にしたい」としている。

ゴールデンウイーク中の28、29の両日と5月5日には米国歌手、マドンナのバックダンサーを務めたダンスユニット「はむつんサーブ」のほか、シンガーソングライターの磯山純さん、俳優の渡辺裕之さんらが登場する。ショップやイベントに関する情報は公式ホームページで随時発信する。URLはhttp://oarai-seaside.com
(鈴木剛史)

全国・世界のニュース

2019 年
 3 月 23 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス