2018年7月10日(火)

「勝利にこだわる」 新日鉄住金鹿島 都市対抗壮行会で決意

壮行会で決意を述べる新日鉄住金鹿島の中島彰一監督(中央)=鹿嶋市宮中
壮行会で決意を述べる新日鉄住金鹿島の中島彰一監督(中央)=鹿嶋市宮中

第89回都市対抗野球大会に出場する新日鉄住金鹿島硬式野球部の市民壮行会(鹿嶋市主催)が9日、同市宮中の鹿嶋勤労文化会館で開かれた。チームは激励に訪れた約500人の市民を前に健闘を誓った。

選手らは地元野球チームの子どもらと手をつないで入場。新日鉄住金鹿島製鉄所の佐藤直樹所長に市旗を手渡した錦織孝一市長は「勝負強い打線を武器に全員野球で勝ち進み、今年こそ黒獅子旗(優勝旗)を鹿嶋に持ち帰ることを期待している」と激励した。鹿島神宮から必勝祈願の大札が授与され、子どもたちからは花束が贈られた。

チームは2大会連続で1回戦負けしていることから、中島彰一監督は「昨年と一昨年成し遂げられなかった都市対抗での勝利にこだわる」と決意を述べた。

大会は13日から12日間、東京ドームで開かれる。新日鉄住金鹿島は1回戦(18日午前10時半開始)で京都市の日本新薬と対戦する。  (藤崎徹)

全国・世界のニュース

2018 年
 11 月 15 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス