2018年7月11日(水)

茨城ロボッツ入団会見 新入団4選手「B1狙う」

B1昇格を目指す茨城ロボッツの新加入選手ら=水戸市南町のM-SPO
B1昇格を目指す茨城ロボッツの新加入選手ら=水戸市南町のM-SPO

バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)の茨城ロボッツは10日、水戸市内で、新加入した4選手の記者会見を開いた。セネガル出身のジャーラ志多斗(27)ら4人は「B2制覇とB1昇格を目指す」と力強く意気込みを語った。

ジャーラは身長210センチのセンター。宮崎・延岡学園高、浜松大(現常葉大)卒。昨季途中まで群馬に所属。帰化選手だが今季のルール変更に伴い日本人扱いとなる。「インサイドオフェンスやリバウンドでチームメートのために働く」と抱負を述べた。

ほかに、いずれもガードで、福島から友利健哉(33)、FE名古屋から福沢晃平(25)、熊本から横尾達泰(33)が加入した。

ロボッツの開幕戦は9月29、30日、水戸市の青柳公園市民体育館で西宮と対戦する。

最近の記事

全国・世界のニュース

2018 年
 11 月 15 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス