2018年7月13日(金)

西日本豪雨 茨城県警援助隊小隊長 「自然の脅威実感」 広島・熊野で捜索

【AD】

西日本豪雨で広島県熊野町に派遣された茨城県警の広域緊急援助隊14人が11日夜、県内に戻り、関義生(よしのり)小隊長(38)が「自然の脅威を目の当たりにした」と、土砂崩れ現場で行方不明者の捜索に当たった3日間を振り返った。

派遣されたのは、…



  • 記事全文(495文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 2 月 17 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス