2018年7月24日(火)

イオン土浦店で「舟納豆」 丸真食品、販売を開始

舟納豆の商品説明する三次美知子社長(左)=土浦市上高津のイオン土浦店
舟納豆の商品説明する三次美知子社長(左)=土浦市上高津のイオン土浦店

納豆製造販売の丸真食品(常陸大宮市山方、三次美知子社長)は土浦市上高津のイオン土浦店1階の銘店売り場で看板商品の「舟(ふな)納豆(なっとう)」の販売を開始した。

常陸大宮市内の直売店や道の駅常陸大宮、京成百貨店(水戸市泉町)の3カ所で販売展開しており、県南地域での出店は初めて。

売り場では、そばの実入りなどの「舟納豆」シリーズ、切り干し大根を交ぜた「こごいら納豆」「わっぱ納豆」などを単品で販売するほか、納豆詰め合わせのギフト商品、「納豆バームクーヘン」「きなこダグワーズ」などの洋菓子なども取りそろえている。

イオンリテール北関東新潟カンパニーの商品統括部の清水正洋さんは「納豆ブランドとして有名な舟納豆の出店をこれまで何度も要望してきて、今回ようやく実現できた」と話している。

三次社長は「直売店とほぼ同じ商品をそろえることができた。ギフト商品などを中心に販売を行い、舟納豆の味を広めていきたい」とし、お中元やお歳暮商戦での販売増を目指す。

夫婦で買い物に訪れた美浦村の中川幸男さん(56)は「県北へ出かける時は、舟納豆を買うことが楽しみでした。近くで買い求めることができ、良かったです」と話していた。



次の記事:事務所兼倉庫が全焼 神栖

全国・世界のニュース

2019 年
 7 月 20 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス