2018年8月11日(土)

海の幸「いっぱい」 鉾田大竹海岸 地引き網体験に歓声

サバやアジなど数百匹の魚が取れた地引き網体験イベント=鉾田市大竹
サバやアジなど数百匹の魚が取れた地引き網体験イベント=鉾田市大竹

茨城の夏を満喫してもらおうと、鉾田市大竹の大竹海岸鉾田海水浴場で5日、地引き網体験イベントが開かれ、参加者が茨城の海の幸を間近で楽しんだ。

イベントには観光漁業や海の家などを運営する石崎丸(同市滝浜)が協力し、県内外から訪れた海水浴客ら約130人が参加した。

地引き網は、同海岸南側の沖合約600メートルに設置。参加者は2グループに分かれて、網の両端から延びる綱を引いた。最初は緩やかだった綱は、引き始め開始5分でピンと張った状態に。次第に重くなる綱を何とか引っ張ろうと、体を傾ける子供たちの姿も見られた。引き上げ開始から約20分後には、地引き網の奥に小サバやアジ、コノシロなど数百匹の魚たちが姿を見せ、参加者から「すごいね」「いっぱい取れた!」などと大きな歓声が上がった。

宇都宮市から家族で参加した中学1年、山部真暉さん(12)は「初めての体験でしたが、網を引くのは楽しかった。もらった魚は家で食べたい」と笑顔を見せた。

同イベントは12日午前10時にも実施予定(同9時から受け付け開始)。参加費無料、先着100人。クーラーボックス持参。

問い合わせは市商工観光課(電)0291(36)7655。 (大平賢二)

地引き網体験イベントで綱を引く参加者たち=鉾田市大竹
地引き網体験イベントで綱を引く参加者たち=鉾田市大竹

最近の記事

全国・世界のニュース

2018 年
 12 月 14 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス