2018年8月11日(土)

オクラ/根本悦子さんのレシピ

食べ物の消化緩やかに

オクラに含まれる話題のネバネバ成分は、ペクチンなどの水溶性食物繊維です。この粘度が、食べ物の消化を緩やかにします。ブドウ糖の吸収速度を遅くするので、血糖値の上昇が緩慢になります。これは糖尿病対策だけでなく、肥満防止にも大切な働きです。

また、コレステロールの吸収を抑制する効果も知られていますが、動脈硬化予防には水溶性食物繊維の摂取が勧められています。食物繊維の整腸作用、そして胃壁を保護し、消化を助ける働きも併せ持つオクラは、夏の胃腸に優しい食べ物だといえるでしょう。

オクラバーグ
■オクラバーグ
【材料】(4人分)
オクラハンバーグ{オクラ4本、鶏ひき肉300グラム、パン粉20グラム、卵1/2個、塩小1/2、こしょう少々}、オクラ4本、フライドポテト適量、ニンジングラッセ{ニンジン200グラム、水1カップ、砂糖大1、塩少々、バター少々、カレーピラフ{米2合、水(コンソメ1個)2カップ、カレー粉大1、塩小1/2}、ハンバーグソース(トマトケチャップ、ウスターソースなど)

【作り方】
(1)オクラは塩ゆでする。
(2)鶏ひき肉にオクラの粗みじん切り、パン粉、卵、調味料を加えよく混ぜる。8個に分け、丸め、フライパンで焼く。
(3)米は洗い、分量の水に吸水し、調味料、カレー粉を加え炊く。
(4)ジャガイモはフライドポテトにし、塩、こしょうする。
(5)ニンジンはシャトー切りし、分量の水、調味料を加えて煮る。
(6)皿にオクラハンバーグ、ソース、カレーピラフ、オクラ、フライドポテト、ニンジングラッセを盛り付ける。

トウガンとエビの寒天寄せ
■トウガンとエビの寒天寄せ
【材料】(15センチ流し箱1台分)
{トウガン200グラム、だし1カップ、砂糖大1、塩小1}、エビ4匹、枝豆(塩ゆで)100グラム、寒天液{寒天4グラム、だし2カップ、塩適量、ショウガ汁小1}、大葉4枚

【作り方】
(1)トウガンは皮をむき、1センチ角切りし、だし、調味料を加えてやわらかく煮る。
(2)エビは背わたを取り、ゆで、殻をむき、1センチに切る。
(3)枝豆は塩ゆでし、身を取る。
(4)鍋に寒天とだしを火にかけ、寒天が溶けたら、塩、ショウガ汁を加える。
(5)流し箱に(1)、(2)、(3)を並べ、(4)を注ぎ、冷やし固める。一口大に切り盛り付け、大葉を添える。

全国・世界のニュース

2019 年
 7 月 20 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス