2018年9月9日(日)

秋季関東高校野球 県大会地区予選 磯原郷英 県大会へ

【AD】

第71回秋季関東高校野球県大会地区予選は8日、全地区で1回戦9試合、代表決定戦7試合が行われ、県北地区では磯原郷英が8-2で日立工を下し、校名変更後初の秋季県大会出場を決めた。日立商、多賀も順当に勝ち上がった。

県南地区は常総学院、霞ケ浦、竜ケ崎一、石岡一が順当に県大会出場を決めた。水戸地区は波崎がBシード中央を5-0で下し、代表決定戦に駒を進めた。県西地区は伊奈、古河二などが代表決定戦に進出した。

高萩市民球場の佐竹-茨城キリストは荒天のため中止となり、10日の第1試合(午前10時開始)に順延となった。このため科技日立-日立北が第2試合に変更された。佐竹-茨城キリストの勝者と佐和の代表決定戦は、11日のひたちなか市民球場第3試合(午後1時10分開始)に変更され、同日予定された日立一-小瀬は午前8時半、太田一-勝田工は午前10時50分に開始予定時間が早まった。

全国・世界のニュース

2018 年
 9 月 19 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス